未分類

ジャニーズの後継者となった?タッキーこと滝沢秀樹さん 選ばれたわけと事務所の裏事情とは?

投稿日:


この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

電撃引退「滝沢秀明」が告白 “芸能界復帰はない。社長に就任するつもりもありません”

13歳でジャニーズに入所した滝沢が、これまで「タッキー&翼」での音楽活動やNHK大河『義経』主演に代表される俳優業に携わると当時に、『滝沢歌舞伎』などの舞台を演出してきたのはご存じの通り。引退後はジャニー喜多川社長の下で「ジャニーズJr.の育成」「舞台やコンサート等のプロデュース」に携わる旨を宣言しているが、引退までする必要があるのか、疑問は残る。

 このたびインタビューに応じた滝沢は、今井翼の体調不良による「タッキー&翼」の解散が決断のキッカケだったと語る。

「僕ら2人がどういう人生を歩んでいくか、と考えた時に、翼が出した結論が退所、僕は引退して、ジャニーさんの下で勉強をさせてもらうということでした」

 ジャニー社長が“本人にはプレーイングマネージャーの選択肢も伝えた”と、異例のコメントを出してもいるが、

「もちろん『プレーイングマネージャー』の道はありますが、しかし、Jr.といえども、一人の人生。そこに責任を持つからには、僕自身も覚悟を持たなければいけない」
.

 芸能界復帰の可能性は――の問いに、「ないです。僕はもう、引退です」と明言する滝沢。だが一方、その決断はさまざまな反響を呼び、たとえば、ジャニー社長の後に滝沢が社長に就任するのでは? との憶測も乱れ飛んだ。

「それは絶対にないです。全くない。断言できます。経営陣に入るつもりもない。そもそも僕は経営が出来ませんから。そこはジュリーさんがやっていかれるんだろうと思います。『後継者』とは、社長になるということではなく、ジャニーさんの思いややり方を引き継ぐ、という意味ですが、言葉って一人歩きするものですよね」

滝沢秀明 渋谷すばるとの約束「ずっと2人で」と励まし合った

「少し前から『タッキー&翼』の解散は近いのではないかと言われていましたが、まさかタッキー(滝沢秀明・36)が芸能活動を引退するとは予想外でした」と語るのは、芸能リポーターの駒井千佳子さん。

「引退決断のきっかけは、タッキー&翼の相棒である今井翼(36)がジャニーズ事務所の退所を決断したことだったと聞いています。彼はこの数年間、メニエール病に悩まされており、“治療に専念したい”と退所を申し出たそうです。そんな彼の姿にタッキーも『タッキー&翼解散を機に、自分も芸能活動にきっぱり区切りをつけよう』と考えたのです」

さらに別の芸能関係者によれば、“幻の相棒”の去就も、滝沢の背中を押したのだという。

「“幻の相棒”とは関ジャニ∞の渋谷すばる(36)のことです。滝沢と渋谷はジャニーズJr.の黄金時代の90年代後半に、東と西を代表する存在で、『東の滝沢 西のすばる』と並び称されていました。2人はプライベートでも仲が良く、当時は、いずれ2人でユニットを組むのではないかと噂されていたのです」

滝沢は雑誌に連載していたエッセイで、2人で群馬県に遊びに行ったことも明かしている。

《「せっかく群馬まで来たんだから温泉入るか」ってことになり、2、3コお風呂がある健康ランドっぽい所で入った。(中略)なのに、(東京に)戻ってからも、すばるはなぜかうちについてきてさ。しかも温泉に入ったクセして「風呂入りたい」とか言いだすし!? 風呂から出たら、さらに僕のベッドで少し寝て、で帰っていったんだよねー。…

》(『ザテレビジョン』’01年4月27日号)
当時19歳だった2人だが、その友情はずっと変わらなかった。

「’15年末の『ジャニーズカウントダウンコンサート2015-2016』で、2人の共演が実現し、話題になりました。事前にファンに『見てみたい2ショット』をアンケートで聞いており、1位になったのがタッキーとすばるの2人だったのです。彼らは『東の滝沢』『西のすばる』と書かれたTシャツを着て、時代によく歌っていた『明日に向かって』を熱唱しました。2人がときおり顔を見合わせながら、とても嬉しそうに歌っている姿に、ファンたちも大歓声をあげていましたね」(前出・駒井さん)

そんな渋谷は今年4月、音楽活動を追求するために、12月31日をもって退所することを発表している。前出の芸能関係者が続ける。

「Jr.の代表的存在であり、仕事に関してはストイックということでも共通している彼らは、かつて『ずっと2人でジャニーズ事務所で頑張っていこう』と、励ましあっていました。滝沢は、渋谷が人生の大きな決断を下した姿を見て、自分の今後についてもより深く考えるようになっていたのでしょう。そんな滝沢に、ジャニーさんが『ジャニーズJr.の育成を手伝ってみないか』と、声をかけたのは8月中旬だそうです」

滝沢は渋谷との“約束”を守るために、来年以降は約300人というジャニーズJr.たちのプロデュースに専念する。また報道によれば今後は育成を目的とした関連会社が設立され、その中枢で腕をふるう予定だという。

滝沢秀明電撃引退で「ジャニーズ事務所社長」へ一直線!

昨年9月から活動を休止していたジャニーズ事務所の人気デュオ『タッキー&翼』の滝沢秀明が9月13日、年内での芸能界引退を電撃発表した。来年以降はジャニー喜多川社長の意志を継ぎ、ジャニーズJr.の育成やエンターテインメントのプロデュースに専念するという。

 同時に相棒の今井翼は、今年再発しためまいや難聴を伴う難病、メニエール病の治療専念のため、事務所を退所することも発表された。

《タッキー&翼の活動休止から1年が経過致しました。それぞれの時間を過ごす中、これからの2人、そして滝沢秀明、今井翼各々の人生について、深く考える時間を持つことができました。それはこれまでタッキー&翼、そして滝沢秀明、今井翼を支えてくださった皆様のご期待に応える活動を今後も継続していくことが出来るのか、自分達はこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、この度、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことに致しました。》

《私、滝沢秀明はタッキー&翼の解散をもって年内一杯で芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意致しました。これは私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります。》
《そして私、今井翼は現在も病気療養中の身です。先ずは自分の身体としっかり向き合う為、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念したいと思います。この先のことについては、全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆様にご報告できるように頑張っていきたいと思います。》

「ファンにとっては事務所の意向ばかりが優先されて、解散公演もやってくれないのかと悲しい幕切れになってしまいました。ただ救いは、今井は退所しても芸能活動を続けるというし、滝沢も裏方として活動を続けるので、いつかは一瞬でも何かの拍子で再結成されることはありそうです」(芸能関係者)

 ネット上では《これで翼は香取、草彅、稲垣と堂々と合流できるな》《滝沢がマッチ、東山、中居、木村のビッグ4だけでなく、V6やTOKIOら先輩をどう扱うのか見物》《ファンとしては最後に肉声を聞きたかった》などの書き込みが広がった。

 いずれにしても来年からは、裏方に回る滝沢が舞台演出を牛耳る。確実に次期社長への階段も上り始めることになるだろう。

『タッキー&翼』解散 でジャニーズ滝沢体制がスタート!大粛正が始まるか

かねての噂が現実になった。ジャニーズ事務所から『タッキー&翼』の解散、滝沢秀明の年内引退、そして今井翼の退所が発表された。

滝沢は5月に『V6 』の三宅健と新デュオ『KEN☆Tackey』を結成し、発売初週に10.4万枚を売り上げてオリコンのウイークリーランキングで1位を獲得。さらに2019年にWOWOWで『連続ドラマW 孤高のメス』での主演が発表されるなど、順調な芸能活動であったが、一方で『週刊文春』がジャニー喜多川社長から後継者に指名されたと報道し、すでにテレビ局に対して滝沢本人が営業活動を開始したという情報もあった。「近いうちに引退してマネジメント業に専念するだろう」と噂されていたが、それが現実となったものだ。

一方、今井翼は今年3月にメニエール病が再発して病気療養に入り、こちらも引退間近と言われていたのが、ついに正式発表となった。

深夜の発表だったにもかかわらず、さっそくネット上には滝沢と今井の引退を悲しむ声があふれ出ている。

《タッキーは引退、翼くんは退所。哀しすぎる。。。》
《平成最後の年、私の青春も終わった》
《まじか解散か。翼くん、引退しなくてもいいのに》
《またか。今年のジャニーズは呪われている。お祓いをしたほうがいい》

今年のジャニーズ事務所は、『TOKIO』山口達也の女子高生への強制わいせつ行為に始まり、『NEWS』小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也の未成年女性との飲酒行為、『関ジャニ∞』渋谷すばるの脱退、同じく関ジャニ∞錦戸亮の人妻不倫、デビューしたばかりの『King&Prince』高橋海人の熱愛スキャンダルなどでボロボロの状態となってしまっている。

来年のドラマ主演が決まっていた滝沢が、ここで急転して年内引退を決めたのは、「ジャニーズ内を厳しく引き締めて、体制をイチから立て直したいという思いがあるのではないでしょうか」(ジャニーズに詳しい芸能ライター)。

まずは、近年のジャニーズのトラブルの元凶とも疫病神とも言える、中居正広、木村拓哉の元『SMAP』2人あたりから粛正が始まるという見方もある。滝沢と権力争いを繰り広げていたとされる『嵐』松本潤も安心していられない状況になるかもしれない。

ジャニーズの本当の混乱と変化は来年起きそうだ。

滝沢秀明、芸能活動引退で“裏方”専念へ「ジャニー社長の意思を継ぎ」

俳優の滝沢秀明(36)と今井翼(36)によるユニット・タッキー&翼が9月10日をもって解散したことが13日、わかった。所属するジャニーズ事務所によると、滝沢は年内いっぱいで芸能活動から身を引き、今後は同事務所のタレント育成やプロデュース業など“裏方”の仕事に専念する。

同ユニットはデビュー15周年を迎えた昨年9月に活動休止を発表。今年3月末には今井がメニエール病の再発を公表し、治療に専念するため活動を休止していた。2人はこの日、直筆の署名とともに連名でコメントし、「皆さまのご期待に応える活動を今後も継続していくことができるのか、自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか」と自問自答を重ね事務所とも話し合いを重ねたことを明かし、その上で、「CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことにいたしました」と決断を伝えた。

滝沢は今後について「年内いっぱいで芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意いたしました」と報告。また、「これは、私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります」と決意のほどをつづっている。

 事務所社長のジャニー喜多川氏もコメントを寄せ、滝沢について「芸能界を引退してジュニアの育成や私の舞台演出を手伝ってくれると聞き、本人にはプレイングマネージャーの選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、このようなご報告となりました」と経緯を説明した。

なお、今井は今後についてジャニーズを退所し病気療養に専念することを発表。その後のことは「全くの白紙」としつつも、「自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆さまにご報告できるように頑張っていきたいと思います」と前向きにつづった。

 タッキー&翼は2002年8月にユニットデビューを発表し、同年9月にアルバム『Hatachi』でCDデビュー。以降、「Venus」「Ho!サマー」などヒット曲を多数発表。07年には日本テレビ系『24時間テレビ30 愛は地球を救う』のメインパーソナリティーを担当した。同年、初のベストアルバム『タキツバベスト』をリリースし、オリコン1位を獲得している。

■ショック…今井翼が滝沢秀明の手で「クビを切られる」という事態へ!

『タッキー&翼』の今井翼が、滝沢秀明にクビにされるというショッキングな情報が駆け巡っている。今井がジャニーズ事務所で窓際的な立場にあるというのは、多くの週刊誌も報じていることだ。

「今井は今年3月、メニエール病のため活動休止を発表。すでに5カ月以上、活動予定を発表していません。ところが、最近受けた『週刊文春』の直撃取材映像を見る限りは至って健康的。活動を明確にしないのは不可解です。今井が仕事をしないのは、ジャニーズを退所する準備をしているからかもしれません」(ジャニーズライター)

今井が活動休止を発表した際の滝沢の態度も奇妙なものだった。相方の大事にもかかわらず「翼と話せていないので、僕も状況を把握しきれていない」と、他人事のようなコメント。

「話せなくとも、普通なら事務所を通して何らかの事情を確認できるはずです。翼の状況が分からないというのは、どう考えても不自然。“もう彼は僕にとって関係ない”という意味だったのでしょうか…」(同・ライター)

タッキーが中居正広をクビにする?

滝沢は、今井が休んでいる間の5月、『V6 』の三宅健と新デュオ『KEN☆Tackey』を結成。すでに新曲まで発売して精力的に活動している。

「今井はもともと滝沢の引き立て役としてコンビを組まされていて、今井自身も飲みの場では『オレは滝沢のかませ犬』と口癖のようにぼやいていたとか。しかし今では、滝沢までもがかつてのように輝いている状態ではありません。そこで、2016年から毎年『滝沢歌舞伎』に出ている三宅と組ませ、フレッシュな形で再び滝沢を売り出そうというのがジャニーズ事務所のもくろみです」(同)

滝沢は去る8月、ジャニー喜多川社長の後継者に指名されたことも明らかになっている。

「滝沢は近藤真彦、東山紀之に次ぐ事務所のナンバー3となり、人事権も掌握したとされます。そこで滝沢がまず始めようとしているのがジャマ者つぶしで、中居正広が一番の標的になっています。中居は滝沢を嫌って自身の番組に起用しなかったりしており、その関係は修復できないほどお互い憎悪まみれです」(女性誌記者)

滝沢が後継者指名されたと同時に、滝沢の“中居駆逐”説は多くの媒体が報じている。しかし今井も看過できない存在だという。

「今井は中居の小学校、中学校の後輩。中居は今井が入院した際に見舞いの手紙を書くなど、人一倍かわいがっています。そこで滝沢はまず今井とのコンビを解消し、無関係になってから今井を中居もろとも切り離そうとしているのでしょう」(同・記者)

新たに始まる滝沢政権のマニフェストには、中居と今井の追放が書いてあるのだろうか…。

-未分類

×

Copyright© I♡ジャニMAX , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.